突然ですが、まずはこちらの画像をご覧いただけますでしょうか。

これは、私が18歳の頃に書いたものです。
大きな字で、”やるぞ!なにかを!”と元気よく書かれております。意味はよくわかりませんが、賢い人間ではなさそうです。

何者かになりたい。しかし、何をしていいのか分からない。
そんなやり場のない衝動がこの小さな黒歴史を生みました。もし、タイムマシーンで過去に戻れるのなら私は、この頃の私を力いっぱい抱きしめたい。そして、このノートを力いっぱい破り捨てたい。

意味不明な決意表明から十数年、この残念な青年は、おかげさまでたくさんの支えとご縁により、この尼崎でちいさな事務所を営むこととなりました。
私にとっての”なにかを”は、この道だった。いつかそう思える日が来ると信じて。

めちゃくちゃ申し遅れました。

私は、坪倉貴志(つぼくらたかし)と申します。

兵庫県尼崎市で「みなといとなみ事務所」という、ちいさな事務所を営んでおります。

行政書士の資格を活かしたサービスを売りにしている者です。
中小企業の社長さんやフリーランスの方、副(複)業でスモールビジネスを始めたい方々を中心にお付き合いいただいております。

行政書士は、「他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類~(中略)~その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とする」者です(行政書士法第1条の2)

平たく言うと、役所に出す(めんどくさい)書類や、契約書等を代わりに作る商売をしている人です。特に私は前者を生業にしています。

この国で何か商売を始めるには様々な手続きが必要です。特に、役所への許可申請や届出の手続きは総じてややこしく、自力でしようと思うと意外と骨が折れます。
また、このような手続き自体、本業との関係では本質的に価値はありません。手続きを終えたところで御社の売上は1円たりとも増えません。

私は基本的に、それぞれ得意なことがあるんだったら、お互いその得意なことをやった方が良いよねと考えるタイプの人間です。背の高い人が高い場所にある物を取った方がいいし、重いものを持つのは力持ちのほうがいい。

行政書士に話を戻すと、行政書士は書類を作るのが得意な人達です。少なくとも、そういうことをするのが苦ではない人達がなろうとしようとする職業です。

面倒な行政手続きは私たち行政書士にお任せ下さい。ご自身にとって本当に意味のあることに集中して下さい。ご自身のビジネスに集中し、商い(あきない)の刃を研ぎ澄まして下さい。

得意なことを誰かのために使いながら毎日を暮らしていく。たまに感謝されて酒と飯がうまい。この原始的でベーシックないとなみの中に、仕事の本質が、本当のことが潜んでいる。私はそう思っています。

お互いに得意なことをやりましょう。かけがえのない特異(ユニーク)な存在である、私だから、あなただから、出来ることがあります。

私は、あなたの”やるぞ!なにかを!”に、とことんお付き合います。

みなといとなみ事務所
代表 坪倉 貴志

PAGE TOP